ホリスティック豆知識Blog

2020年09月10日(木)

豆知識

老犬ケアを考える – 予防が大切な「床ずれ」

シニア犬1

介護状態にあるパートナー(愛犬)の床ずれ(褥瘡)は、負担はもちろんのこと、オーナー(飼い主)の精神的な負担も大きいものです。ですから、発症してから治療を行うことよりも、しっかり予防することがとても重要です。

床ずれの原因と予防法を知り、「寝ていることが多くなった」「同じ体勢でいることが多くなった」などの症状が出たときから、おうちで予防ケアをしてあげましょう。


床ずれ(褥瘡)とは?

長時間同じ姿勢でいたり、寝たきりの状態でいると、身体の同じ部分に体重の負荷がかかり、その部位の血液循環が悪くなります。血流が悪くなると、皮膚の細胞に必要な酸素や栄養を運ぶことができなくなります。その状態が続くと、細胞が死に、壊死が起こります。それを床ずれといいます。

 

皮膚に摩擦が起きてできる「傷(擦り傷など)」や、うんち・尿などが付着したままなどの「衛生状態の悪さ」も大きく関係します。成犬期は、免疫力が高く血流もよいため、床ずれになることはありませんが、介護期で免疫力が低下すると起こりやすくなります。

 

また、一度発症すると治りにくく、ケアを滞るとすぐに悪化します。さらには、再発することも多く、悪化して敗血症を起こし、重大な事態になることもあります。

 

床ずれの原因

床ずれの主な原因は2つです。


 ・血流が悪くなる
 ・摩擦によって皮膚が損傷してしまう

 

床ずれが起こりやすい部位

犬の床ずれが起こりやすい場所
床ずれの予防策

1.摩擦を起こさない
寝ているときの寝具、おむつ、動くときの床との摩擦などを防止します。

2.清潔と通気性を保つ
排泄の汚れなどが残らないように清潔にします。また、ベッドなどの通気性をよくしてあげましょう。
ただ、神経質になり過ぎて、身体を拭き過ぎることで、摩擦が起こる場合もありますので、適度に行うようにしましょう。

3.免疫力を上げる
免疫力アップのためには、良質の食事からしっかり栄養を摂取することが、とても大切です。
そして、何よりオーナーの笑顔とスキンシップが、パートナーの免疫力をアップします。パートナーと笑顔で接する時間を取りましょう。

 


いかがでしたか?

犬の介護期には、床ずれ以外にも、オーナーの心身の負担が大きいことがたくさん起こります。
一つでも負担を減らすために、予防策を行い、笑顔で介護期を過ごせるようにしましょう。

 

「シニア犬介護コース」ではシニア犬の身体の変化・病気・食事・運動、具体的な介助方法(入浴、排泄、食事、清拭など)、心と身体のケアについて深く学べます。

 


 

【こちらもチェック】

シニア期に増える病気に、『ハーブ』でできること

犬や猫も、高齢でなぜ病気が増える?今からできること

犬の関節炎を、栄養や過ごし方などでサポートするには?

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧