ホリスティックケアとはAbout

現代の犬や猫はさまざまなリスクと戦っています。

犬や猫、私たち人間にも、自分で自分を癒し、治療する自然治癒力が備わっています。
ただ、現代で生きる犬や猫は、遺伝的体質、栄養不良、老化、強い物理的な力、環境ストレス(猛暑、化学物質、放射能)、精神的ストレスなど、さまざまな要因からその自然治癒力が弱まり、病気や不調を起こすリスクが高くなっています。

また、獣医学の進歩で寿命は延びましたが、一方で、副作用の問題や症状を抑えつけることによる新たな病気の発現など、肉体だけを治すことへの限界にも気づき始めています。

そんな現代の犬や猫に必要なのが「ホリスティックケア」です。

心と身体、全体に目を向けるホリスティックケア

例えば便秘になった場合、腸だけが悪いわけではありません。また、がんが皮膚にできた場合は、その悪性腫瘍の塊が病気の元凶ではなく、それを作り出す体質や免疫力を含めて問題視しなければなりません。
動物の心、身体、そして魂にまで目を向け、ケアをしてあげることができるのがホリスティックケアです。

心と身体、全体に目を向けるホリスティックケアとは

例えば、犬や猫が怪我をした場合のホリスティックケアは…

  • 彼らの落ち込んでいる気持ちや、運動できないストレスに対して心をケアするため、怪我をしている部分を使わない遊びをさせてあげたり、怪我をしていない部分のマッサージをしてあげたりする。
  • 傷の炎症を抑えたり、回復のための食事を与えたりする。
  • 大切な存在であるオーナー(飼い主)の心のケアをする。

このように、怪我をした部分だけでなく、身体や心、環境全体に目を向け、治療のサポートをするための自然治癒力を高めるために行なうのが、ホリスティックケアです。

心と身体、全体に目を向けるホリスティックケアとは

例えば、特に不調がないときのホリスティックケアは…

「元気だから何もしない」のではなく、さまざまな刺激に対抗できるよう、彼らの自然治癒力(生きる力)を引き上げるケアが必要です。

  • 彼らをよく観察し、病気でないちょっとした変化に気づき、ケアをする
  • 過剰なストレスから遠ざける
  • 強い身体と脳を作る食事、運動をさせる

今、求められているのが、「ホリスティックケア」

ホリスティックケアには、さまざまな国に伝わる伝統医学、自然療法、食事療法、手技療法、運動療法などがあります。それは現代医療との対極にあるものではなく、補完しあうものです。また、知識を身につけることで、家庭でできるものもあります。
獣医療が発達した今だからこそ、犬や猫の基本的な知識を身につけ、彼らの自然治癒力と医療をサポートするホリスティックケアをおこない、心と身体を健康に導きましょう。

講座の詳細を見る