ホリスティックケアとはAbout

犬や猫の「生きる力」をサポート

「ホリスティック」は、ギリシャ語のホロスという言葉が語源で、「全体的」という意味があります。

ホリスティックケアは、健康や幸せのために「広く全体的な視点から行うケア」。
動物に対するホリスティックケアは、心と身体が健康で、人や周囲の環境とも調和し、最良のクオリティ・オブ・ライフ(生の質)を得られる状態を目指します。犬や猫が本来持っている「生きる力」をサポートするケアです。

自然治癒力を引き出す
ホリスティックケア

ホリスティックケアは、動物が持つ「自然治癒力」を引き出すことを大前提とします。

例えば私たちの身体は、傷ができるとかさぶたを作って修復したり、風邪を引くと自ら発熱してウイルスを死滅させたりする働きがあり、それが自然治癒力です。また、身体には外部環境の変化に対して体内の働きを一定に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」という機能もあります。

自然治癒力やホメオスタシス(恒常性)が充分に働いていれば健康を保てますが、うまく働かなくなったときに病気になってしまいます。だからこそ普段から病気にかかりにくい心と身体を作っておくことが、ホリスティックケアの大きな目的のひとつです。

また、病気になったとしても、この土台があれば回復を早めたり、お世話する人の負担を減らしたりできるのです。

一番のメリットは、「笑顔」

ホリスティックケアは、単に「病気ではない状態」を超えた、「心も身体も癒された最高の状態」を目指します。

そのために必要なのは、パートナー(愛犬・愛猫)とオーナー(飼い主)の両方が幸せを感じられる暮らし。パートナーの笑顔でオーナーが幸せを感じ、オーナーの笑顔にまたパートナーが喜びを感じる。このサイクルが心と身体の健康につながるのです。

ホリスティックケアの基本は「食事」

動物にとって食事は身体を作るだけでなく、精神にも影響を与える重要なもの。

もし、毎日の食事に必要な栄養素が不足していたら、そのうち健康を害してしまいます。もし、粗悪な食材が使われていたら、消化吸収が十分にできず下痢などを起こしてしまいます。もし、おいしくなかったら、食べる楽しみを感じられなくなってしまいます。

ホリスティックケアの考えをふまえると、食事は「心と身体の両方を癒してくれるもの」でなくてはなりません。健康を考えるなら、まずは食事管理から始めることをおすすめします。

ホリスティックケアは今のペット業界に必要なスキル

犬猫を家族として大切に想うオーナーが増え、また獣医療やペットフードの質の向上により犬猫の平均寿命はますます延びています。

その一方で、ガンやアレルギーなど現代病ともいえる病気に苦しむ犬猫も後を絶ちません。「ただ長生きするだけでなく、長く健康を保つにはどうすればいいの?」パートナーの健康はオーナーにゆだねられているため、日々の病気予防の知識は不可欠になっています。

ネットで簡単に情報は得られるものの、不確かなものだったり、偏りがあったりと、オーナーはあふれかえる情報に振り回されがちです。問題が起こる前や起こった直後に身近なペットのプロから適切なアドバイスがもらえたら、どんなにか心強いことでしょう。
ホリスティックケア・カウンセラーは、パートナーに深い愛情をかけるオーナーの強い味方です。