ホリスティック豆知識Blog

2017年12月02日(土)

豆知識

ペットのお仕事で、アロマテラピーをどう使う?

20170823133236-6c80c4e6d31742df65f7b8858d672463a34d56db.jpg

ペットアロマテラピーが世に広まって久しいのですが、「お仕事で使う場合どんな活用方法があるの?」という質問をよくいただきます。今日はペットアロマのお仕事での役立て方についてご紹介します。(※当講座では犬にのみ推奨)

ペットアロマテラピーの目的やメリットは?

アロマテラピーでは、ハーブ(芳香植物)と呼ばれる植物の中でも、ごく一部の植物からとれる「精油(アロマオイル)」を使います。精油は、天然の化学物質がたくさん集まった有機化学物質。例えばラベンダーには約800種類も含まれているんだそう。精油は、それを含む植物にとって大切な役割があるといわれています。たとえば…

————-
◎いい香りで虫や鳥を引き寄せて受粉や種子の運搬をうながす効果
◎苦味によって食べられるのを防ぐ効果
◎カビや菌が発生するのを防ぐ効果(諸説あります)
————-

これらは、たくさん含まれている成分によってなせる業なんですね。ではこの精油、犬にとっては何がいいんでしょうか?

20170823133529-2a7802babf65d9b0c0b1f43230b625fa3577fcb1.jpg

メリットは大きく2つ。

——————-
【メリット1】「香り」による心への作用
——————-

精油には
「気持ちを元気にする」
「気持ちを落ち着かせる」
の、大きく2つの効果があります。

ちなみに人は、「好みの香りを選ぶ」だけでよいのですが、犬の場合はそれに加え「香りとよい記憶を結びつける」ということを行うと、より効果的。

たとえばラベンダーの精油を使ったマッサージオイルで、オーナー(飼い主)から愛情たっぷりのマッサージを毎日受けたパートナーは、いつしかラベンダーの香りを嗅ぐだけで心が落ち着くようになります。

さらに、ホリスティックケアにおいては、パートナー(愛犬)の健康と幸せのためには、「一番身近にいるオーナーが幸せ
であること」が非常に大切だと考えます。

だから、オーナーとパートナーが「香り」で同時に癒されるアロマテラピーは、とてもホリスティックな(視点の広い)ケア方法だといえるんです。

——————-
【メリット2】身体へのさまざまな作用
——————-

精油に含まれる天然成分による身体への効果はたくさん!たとえば…

————-
◎肌への作用
・保湿
・収れん
・抗菌

◎全身への作用
・鎮痛
・食欲増進
・強壮
————-

しかも、1つの精油にいくつもの作用があるんです。心と同時に身体にも効果があるなんて、精油はとっても不思議ですね。

精油を使ったボディケア用品は簡単に手作りできるので、気軽に生活に取り入れられます。

 
20170823133312-a8398f9fb4d36c367443842e6a1393a5dc76ac34.jpg

ペットのお仕事での具体的な活用法は?

トリミングやお預かりなどメインのサービスに「病気予防」や「ストレスケア」の+αサービスを加えることができます。——————–

<例>

◎オーナーに精油を使ったケア用品作りやアロママッサージなどのケア方法をアドバイスできます。
◎マイルドな刺激の「芳香蒸留水」を使ったシニア犬への優しいケアを提案できます。
◎あなたが作ったケア用品を販売したり、サービスで使ったりできます。
◎店内に精油の香りを漂わせて来店したオーナーとパートナーに「いつでも落ち着くor楽しいお店」だと感じてもらうことができます。

——————–

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座では、精油を使った犬用ケア用品の基本レシピやケア方法をたっぷりご紹介。しかも、レシピは精油の種類を変えたりブレンドしたりのアレンジ可能。香りも効果も無限大だから、あなただけの提案ができるはず。

ホリスティックケアならではの、広い視点での「アロマテラピー」活用法を学んでみませんか?

 

<関連記事>

犬の環境を整えるアロマテラピー
ラベンダーを選べば間違いはない?
自然派シャンプー、成分の正体を知ろう

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧