ホリスティック豆知識Blog

2021年02月11日(木)

豆知識

シニア期に、ケアと食事管理でできること

「全国犬猫飼育実態調査」(ペットフード協会・令和2年)によると、昨年の犬の平均寿命は約14歳で、55%が7歳以上。また、猫の平均寿命は約15歳で、44%が7歳以上という結果だったそうです。

 

人と同じく、日本の犬猫も高齢化社会。
当講座の受講生でも「愛犬(愛猫)がシニアだから、健康に良いことを少しでもしてあげたくて」とお話くださる方は大勢いらっしゃいます。


ホリスティックケアは、食事をはじめ、ハーブ、Tタッチ、マッサージなど、シニア犬・シニア猫の日常に活用できるものがたくさんあります。特に食事は毎日与えるもの。『健康に良いもの』『うちの子に合ったもの』を選んであげたいというのが親心ですよね。


では、「シニア期に推奨される食事の特徴は?」と聞かれると、皆さんは何と答えますか?

 

当講座で学べる高齢期の栄養管理

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座ではまず、栄養学の章で『高齢期の栄養管理』として年齢に伴う生理的変化や食事管理を学びます。

——————————-

【1】高齢による生理的変化

高齢になり生じる身体の生理的な変化を理解し、早期に対応することは高齢動物の生活の質の向上をサポートします。

◆ 口腔内の異常
◆ 視覚、嗅覚、聴覚の低下
◆ 枯渇感の低下 など

 


【2】高齢期の食事管理

高齢期は、主要な栄養素以外に、生理作用をサポートするいくつかの機能性成分が有益です。

◆ 栄養バランス
◆ 高齢期に役立つ主な機能成分(抗酸化作用のある成分など)

——————————-

このように、高齢期の食事管理を考える場合は、ごはんの内容を考える前に、シニア期の特徴を把握した上で、1頭1頭異なる生理的な変化、ライフスタイル、運動量、睡眠時間や質、筋肉、骨、関節などの個体差を考慮することが非常に重要です。

これらを把握すると、補った方が良い栄養素もあれば、控えた方が良い栄養素も出てきます。気になる栄養素は「与える」だけでなく、正しく判断し調整することが大切です。

 

上記とさらにパートナーの好みも考慮して、数あるペットフードの中から納得できるものを選択したり、今与えているフードの特徴を理解した上でトッピングを考えたり、手作り食のレシピを考えたりできれば、オーナー(飼い主)が自宅でできる日常ケアの幅がグッと広がります。

 

当講座で学べるシニア期のその他ケア

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座では、食事以外のシニア期のケアをいろいろ学べます。

 

◆ハーブ

ハーブの章では、『シニア期に役立つハーブケア』として栄養補給、消化器系、泌尿器系、循環器系などにおすすめのハーブを紹介しています。


◆アロマテラピー

アロマテラピーの章では、『シニア期にお勧めのアロマテラピーとそのほかのケア』として、認知症の予防&対策に役立つ精油のブレンド、シニア期の沈みがちな気持ちを明るくする精油のブレンド、クロモジウォーター(黒モジの芳香蒸留水)を使った身体の清潔を保つケアなどを紹介しています。


◆マッサージ

マッサージの章では、リンパマッサージをはじめ、経絡・ツボマッサージとして、疲労回復のためのマッサージ、心臓トラブルのためのマッサージ、腎臓トラブルのためのマッサージ、足腰のトラブルのためのマッサージなど多数をテキストと動画で学べます。

それぞれのケアを知った上で、パートナーに合ったものを色々選んであげてくださいね。

 


ホリスティックケア・カウンセラー養成講座では、シニア期のQOL(生活の質)を高めるさまざまなケアを幅広く学べます。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧