ホリスティック豆知識Blog

2018年06月24日(日)

豆知識

怖がり・神経質な犬に効く「Tタッチ」って?

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座に「Tタッチ」というカリキュラムがありますが、聞き慣れない方がほとんどではないでしょうか。

Tタッチはパートナー(愛犬愛猫)とのスキンシップの時間をとっても意味深いものにしてくれるボディケアなんです。

 

マッサージとは異なるボディケア

Tタッチは、マッサージの一種だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、全く理論が異なるものです。

◆【マッサージ】
ツボや筋肉に働きかけて血流や臓器に影響を与えます。「肉体の状態をよくするため」に行います。

◆【Tタッチ】
皮膚のすぐ下(筋肉より上の層)に働きかけて、「ストレスを軽減し、リラックスに導く」ケアです。

 

<Tタッチのメカニズム>
———————-
独特のタッチにより脳に刺激を与える
 ↓
細胞の機能を活性化する
 ↓
ストレス軽減ホルモンを分泌する
———————-

 

「行動問題」にも効果的なTタッチ

Tタッチはリラックスに導きストレスを軽減しますが、さらに続きがあります。
実は犬の「行動問題」にも効果的なんです。


<Tタッチが効果をもたらす行動問題>
———————-
・怖がってほえる・噛む
・臆病、触られることを嫌がる
・神経質
・過度に興奮する、とびつく
———————-

これらの行動に共通しているのは、「ストレスを伴った行動問題」ということ。(※恐怖心以外の原因で吠える・噛む場合もあります)
ストレスがあると、動物は新しいことを学習できなくなってしまいます。

そこでTタッチを行いストレスをやわらげると、

———————-
・集中力が高まり学習能力が高まる
 ↓
・自信が高まってくる
 ↓
・集中力が肝心なしつけトレーニングがしやすくなる
・集中している間、犬は恐怖から開放される
———————-

という効果も生まれます。つまり、上記のような行動問題への対策の1つとして行うことができます。

さらに!

オーナー(飼い主)がTタッチを行うことでお互いの関係が改善され、さらなる相乗効果をもたらすことも。

Tタッチ考案者のリンダ・テリントン・ジョーンズが『Tタッチは、言葉によらない言語のようなもの』と説明していますが、上記のようなメリットがあるからなんですね。

 

Tタッチがおすすめなのはこんな犬

これらの効果から、Tタッチは、

◎保護団体にレスキューされた犬
◎なんらかのトラウマを抱えた犬
◎母犬から早く引き離された犬

といった、精神的な不安定さがみられがちな犬のケアに役立てることができます。

もちろん、「ホリスティック」(全体的)な視点をもって心のケアだけでなく「食事」や「環境」にも気を配ることを忘れずに。

(講座事務局 草田)

 

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座では、動画教材でTタッチをじっくり学ぶことができます。

▼Tタッチの動画教材サンプルはこちら
(マッサージ・Tタッチ・負担のないグルーミングの3つをご覧いただけます)

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧