修了生の声Voice

諸星 清美

しつけトレーナー・訓練士

諸星 清美さん

動物愛護推進員としてアドバイスに活かしています

受講のきっかけ

もともとパートナーに手作り食を作っており、食事などに興味があったため色々と調べていたらホリスティックケア・カウンセラー養成講座を発見しました。
一度きちんとした形で学びたいと思っていたこともありましたが、心と体のケアについて幅広く学べる講座で、教材がきちんとそろっていること、なおかつ資格にもつながるということなどから受講を決めました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

現在、ドッグトレーナーをしながら、高崎市動物愛護推進員として地元愛護センターでしつけにかかわる講師や地元愛護団体「群馬わんにゃんネットワーク」のボランティアとしても活動を行っています。
講座で学んだ知識は、動物の体調に合わせたケアや個体に合わせた食事提供のアドバイス、また、慣れない環境で不安を感じている犬への接し方をレクチャーする際に活かしています。様々な苦労もありますが、周りから少しずつ保健所やセンターに収容される動物(犬猫)が少なくなり、放浪犬や野良猫に出会う頻度が以前(13~14年前)より減少していること、飼い主が迎えに来なかったり、飼い主が飼えなくなってしまった犬が新しい家族と巡り会うお手伝いができることにやりがいを感じています。

(ドッグトレーナー)

修了生の声へ戻る