ホリスティック豆知識Blog

2016年03月09日(水)

豆知識

ドライフード、どこで保管していますか?

こんにちは!HCC養成講座事務局の野津です。
日に日に暖かくなっていますが、ところどころで気温が下がる予報が出ています。
こんなときは体調を崩さないよう気をつけねば、ですね。

さて、みなさんは
ドライフードをどこで保管していますか?

<1>冷蔵庫……だって、冷蔵庫って万能だもの!
<2>物 置……だって、保管に便利なんだもの!
<3>ベランダ…だって、風通しがいいんだもの!
<4>冷暗所……だって、「冷暗所保管」ってよく聞くんだもの!


ドライフードの保管に一番ふさわしい場所は、<4>冷暗所です。
※縦に長い日本において厳密に「冷暗所」を定義するのは無理なので、目安とお考えくださいね

「冷暗所=冷蔵庫の野菜室」という考えがあるようなのですが、
ドライフードを保管するための冷暗所は、

・つねに常温以下で外気温を超えない
・太陽光線の当たらない
・風通しのよい

場所です。

「そんな都合のよい場所、あったっけ?」と悩まれた方へ♪
それは『お米を保存しているような場所』です。
私たちにとってのお米とパートナーにとってのドライフードは、
同じようなものだと考えるとよいでしょうか。

冷蔵庫保存は、酸化を遅らせることはできますが、
冷蔵庫の低温から室内の常温へと出し入れを繰り返すことで、
フードの粒に細かな水滴が発生し、湿気によってカビが発生しやすくなるので、おすすめしていません。

そして保管場所と同じぐらい大切なこと!
ドライフードは、1か月~1か月半ぐらいでパートナーが食べきれるサイズ(用量)を選んでくださいね。
20160308234744-86133f21469d901eecc134365af2bb49c179f883.jpg

※記載内容について:ブログ掲載時の情報となります。また、無断転載・転用はご遠慮ください。

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧