ホリスティック豆知識Blog

2021年03月18日(木)

豆知識

春におすすめ。犬猫の『肝臓』を労わるマッサージ

冬から春へと季節が変わる時期。このような季節の変わり目に、体調のトラブルが起きやすいのは人も犬猫も共通です。普段以上に、心身を整えることが大事になります。

 

中医学の考え方では、季節の移り変わりと共に、身体も変わると考えられています。
冬の臓器は『腎臓』でしたが、春の臓器は『肝臓』に変わります。

肝臓は体内で最も大きい臓器です。また沈黙の臓器として有名です。肝臓は解毒に関わる大切な場所なので、春は特に、重点的に労わってあげることをお勧めします。

今回は、犬と猫のための、『肝臓』のためのマッサージを3つ紹介します。

 

肝臓のためのマッサージの方法

【1】中指と人差し指の腹で、へそ周りに円を描くようにやさしくなでるマッサージを10-20 回行います。

 

 


【2】わき腹を肩甲骨の後ろから腰に向かってなでます。手のひら全体を使って、毛並みに沿って、10-20 回なでるマッサージを行います。母犬・母猫がわが子をやさしく舐めるようなイメージで、やさしい力加減で行いましょう。

 

 

【3】 5本の指先、または親指と人差し指を使って、後ろ肢首をやさしく握って揉むマッサージを10-20 回行います。


はじめてマッサージされる犬や猫の場合、驚いて嫌がることがあります。そんな時は無理強いせずに、動物が受け入れる範囲内で行うようにしましょう。

他にも肝臓トラブルのためのマッサージとしては、肝兪(かんゆ)、期門(きもん)、章門(しょうもん)のツボがお勧めです。

 


ホリスティックケア・カウンセラー養成講座では、犬と猫のためのマッサージを動画教材(DVDまたはyoutube)で映像を繰り返し見て、学習できます。また当講座受講生なら、日本ペットマッサージ協会の公式セミナーに優待価格で参加できる特典も。ぜひ学んでみてくださいね。

動画教材のサンプル動画はこちら

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧