ホリスティック豆知識Blog

2018年06月16日(土)

豆知識

お散歩に行けない日はマッサージを楽しもう

梅雨本番ですね。
恵みの雨、といいたいところですが、気温や湿度が高くなると私たちは不快な気持ちになってしまいます。

犬も私たち同様、不快感をもちます。
そればかりか雨が降っているためにお散歩に行くことができなかったり、レインコートを着たり、飼い主がさす傘が怖くてストレスを感じてしまっているのではないでしょうか。

こんな気分の解決策としてご紹介したいのが、「ストレス解消のためのマッサージ」です。

雨の日の過ごし方を少し変えるだけで、憂鬱な時間を素敵に変えることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

<犬や猫にとってマッサージが良い理由って?>

【1】リラックスできる
飼い主に触れられることは、とてもリラックスできる信頼できる人に触れられることによりイライラしたり、興奮や緊張するときに高まる交感神経が治まり、リラックスしている状態に働く副交感神経が高くなります。
なんと寝ているときと同じくらいのゆっくりとした心拍数になることがわかっています。

【2】オキシトシンホルモンが分泌される
オキシトシンホルモンは「幸せホルモン」と呼ばれ、ストレスホルモンの血中濃度を下げ、他者との深い信頼関係を築いたり、学習効率を高めたりといった働きがあることが報告されています。


<イライラ解消マッサージにチャレンジ!>
東洋医学では、私たちも犬も猫も身体には「ツボ」があると考えられています。
ツボは、身体や心の症状に対応しています。例えば、イライラした気持ちを抑え、リラックスしたいときに役立つツボは、「攅竹(さんちく)」と「絲竹空(しちくくう)」です。

《ツボの見つけ方》
・攅竹:左右の眉毛の内側
・絲竹空:左右の眉毛の両端

《マッサージ方法》
これらのツボを優しく撫でる

《ポイント》
マッサージする人自身がまずはリラックスすることが大切です。緊張して行うと、手から伝わり犬も緊張してしまいます。ゆっくりとした呼吸を意識しながら行ってください。
彼らの今までみたことない表情がみられるかもしれません。


マッサージは、道具がいらないだけでなく、どこでもいつでも行うことができるケアです。あなたとあなたの大切な家族のために、ぜひマッサージを始めましょう。

※ご紹介したツボ「攅竹」「絲竹空」は、緑内障やその可能性がある場合、眼圧に影響する可能性があるためマッサージすることはできません。また、不安な場合は、かかりつけの獣医師に相談のうえ行いましょう。


(ライター:みなみ ちかこ)

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

スキルアップ専門講座

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座とのお得なセット受講、あります。

ホリスティック豆知識トップへ戻る

タグ一覧