ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

ホリスティック豆知識

事務局スタッフがちょっと役立つプチ情報をお届けします。
※記載内容について:ブログ掲載時の情報となります。また、無断転載・転用はご遠慮ください。

ホーム > スタッフブログ > ワンちゃんのこんなしぐさをみたら・・・

2017年3月21日

ワンちゃんのこんなしぐさをみたら・・・

こんにちは!HCC養成講座事務局の南です。
みなさんはワンちゃんのこんなしぐさ、見たことありませんか?
このしぐさをするときのワンちゃんは何を考えているのでしょうか?
20170321023045-6d2f6993640b893f1be5f53cbd8e3e2b93db00dc.jpg

・わっ美味しそう!
・うわぁ食べたいな~
この場面では、この大きなりんごを「食べたいなぁ」「美味しそう」と思っているのかもしれませんね。

でも違う場面で「ペロッ(鼻をなめる)」というしぐさには、意外な心境が隠れているのです。

例えばこんなとき

・ワンちゃんが他の犬に近づいていくときに「ペロッ」

・人がワンちゃんに覆いかぶさるような体勢をとったときに「ペロッ」

・怒った口調でワンちゃんに話しかけたときに「ペロッ」

こんな時にする「ペロッ」は、ワンちゃんがストレスを感じているというサインのひとつです。

これは「カーミングシグナル」といって、ワンちゃんがストレスを感じているときに出すサインなのです。

ではカーミングシグナルをみたら私たちはどうしたらよいのでしょうか?

私たちもワンちゃんと同じサインをすることでワンちゃんのストレスを軽くすることができます。

なぜなら私たちも誰かに微笑みかけたとき、相手も「ニコッ」としてくれると心が和らぐようにワンちゃんも心が和らぎます。
同調してあげることで緊張がほぐれるからです。

しかし私たちが鼻を「ペロッ」するのは、ちょっと恥ずかしいと思いませんか?
それに鼻までとどかない・・・

そんなときは
①ワンちゃんにストレスを与えているのかは「何」であるかを探す
②その原因から離れる
これなら私たちにもできますよね。

このように私たちが「カーミングシグナル」を知ることでワンちゃんのストレスを軽減することができます。
ワンちゃんの心と身体のケアについてちょっと学んでみませんか?

ペット業界で求められていることを学び、仕事に活かせる資格

受講者数1万名以上!犬猫の『食事・心・体』のケアを学ぶ
ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

資料請求はこちら

受講お申込みはこちら

シェアする

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

関連記事

  1. ペットのお仕事にフル活用できる犬猫の「栄養学」とは

    ----------犬猫オーナーの「お悩み」1位は?-----------とある...

  2. ペットのお仕事で、アロマテラピーをどう使う?

    ペットアロマテラピーが世に広まって久しいのですが、「お仕事で使う場合どんな活用方...

  3. 手作り食の知識は、仕事でこう使う!

    この講座では手作り食をいろんな理由でお勧めしています。ですが、「ペットのお仕事で...

  4. 食材の「質」に詳しくなろう ~有機ってなんだ?~

    最近の犬猫オーナー(飼い主)の多くは、ペットフードやおやつに「安心、安全」を求め...

  5. 犬猫のストレスケアのプロになろう

    ホリスティックケアとは「全体的」なケア、視点の広いケア。だから、「身体」だけでな...