1. HOME>
  2. 東日本大震災を受けて今私たちができること

パートナーを守る防災対策

今だからこそ、ご自身のパートナーを守るための準備をしっかりと進めましょう。

家族の一員を守るのは貴方(※〔財〕日本動物愛護協会HPの情報を抜粋)

地震や噴火等の災害に備え、動物たちの避難に関しての対応を検討している地方自治体が増えてきました。しかし、実際に災害が起こった際、家族の一員である動物たちを守ることができるのは飼い主自身なのです。日頃からの適正な飼育を心がけ、どんなときでも『同行避難』できるようにしておきましょう。

心がまえ・必要なもの(※〔財〕日本動物愛護協会HPの情報を抜粋)

  1. 1何よりあなたの準備が大切です。あなたが安全に避難できないと、動物たちを避難させることは不可能です。
    ・懐中電灯  ・ラジオ  ・水  ・非常食
  2. 2あなたの住所・氏名・電話番号等がわかる迷子札はついていますか?
  3. 3移動の準備はできていますか?
    ・犬(小型~大型)は丈夫なリード(金具がゆるんでいたり壊れていたりしない事を確認する)
    ・猫・小型犬・うさぎ等は、丈夫なキャリーバッグ
    ・ケージ飼いの動物はケージを布などで覆う
  4. 4フードの準備はできていますか?
    ・獣医師から処方されている処方食
    ・普段から食べなれているメーカーのフード
    ※災害時、避難先でのストレスに加え、食べなれないフードの為にお腹をこわす子が多くいます。最低5日分は用意しましょう。
  5. 5健康状態は良好ですか?
    ・年に一回の予防注射を済ませておく
    ・寄生虫(内部・外部)の予防をしておく
  6. 6室内飼育への切り替え
    ・外飼いの犬は、大きな音などに怯えます。繋いである鎖を引きちぎって飛び出してしまう子もいるので、 玄関先でもいいです、室内へ入れてあげるか安全な場所へ移動させてあげましょう。
    ・猫は、普段からの室内飼いをお勧めしますが、現在出入り自由になっているとしたら、 ドアや窓にしっかり鍵をかけて自分から外へ出られないようにしましょう。 室内飼育でも、人間の出入りの隙をついてドアから出てしまうこともあります。十分気をつけましょう。

トレーニング

クレートトレーニング

速やかに避難できるように、また避難所での生活や保護施設への一時預けなどを考え、クレートトレーニングを行っておく。
※クレートトレーニングの方法はこちらをご参照ください。

何でも食べられるようにしておく

普段パートナーに与えている食事(指定フードや手作り食など)を用意できる保証がないため、できる限り何でも食べられるようにしておく。

しっかりと社会性を持たせておく

避難所生活やパートナーを一時的に預ける場合、人や他の動物に慣れていないと、パートナーはもちろんのこと飼い主や周囲の人々もストレスを感じてしまうため、日頃からしっかりと社会性を持たせておく。

資料請求(無料)

講座お申込み