1. HOME>
  2. セミナー>
  3. 優待セミナー・主催・協賛セミナー>
  4. 「ペットの心と身体の健康のために~ホリスティックケアができること~」 セミナーレポート

日本アニマルウェルネス協会5周年記念講演
「ペットの心と身体の健康のために ~ホリスティックケアができること~」 セミナーレポート

講師
【第一部】 藤井仁美先生
『ペットの行動学 ~ペットを正しく理解し、心豊かな生活をめざす~』
【第二部】 グレゴリー.L.ティルフォード先生
『ペットのためのハーブ ~ホリスティック・メディカルハーブの世界~』
日時
2014年4月19日(土)
場所
東京・渋谷 専門学校 ビジョナリーアーツ Vaホール
主催
一般社団法人 日本アニマルウェルネス協会
協賛
株式会社ノラ・コーポレーション、学校法人安達文化学園専門学校ビジョナリーアーツ、HCC養成講座、GREEN DOG、株式会社ベック・ジャパン

「ペットの心と身体の健康のために ~ホリスティックケアができること~」 セミナーレポート

日本アニマルウェルネス協会主催、当講座協賛のもと、「ペットの心と身体の健康のために~ホリスティックケアができること~」が開催されました。当講座認定協会5周年記念講演ということもありとても多くの方にご参加いただき、盛況のうちに終幕いたしました。

種としての犬猫を理解することの大切さ

第一部では、藤井仁美先生より「犬・猫ってどんな動物?」と題し、犬・猫の特性から行動問題の理由、適切な対応法をお話くださいました。特に印象に残ったのは「犬猫がそもそもどんな動物か、行動特性をきちんと理解することの大切さ」です。
例えば、ラブラドールレトリーバーであればもともと鳥猟犬として活躍し、飼い主が撃ち落とした鳥を回収するのが彼らの仕事。そう考えると、飼い主の靴下をせっせとくわえて運んでくるのも立派な仕事と思えるでしょう。
猫の場合もさまざまな行動特性がありますが、爪とぎは体のストレッチ、視覚的嗅覚的マーキングであり、猫にとっては正常な行動です。犬も猫も、きちんと特性を理解していれば頭ごなしに怒り腹を立てることもありませんよね。オーナー様の心に余裕があれば、パートナーも心おだやかに過ごせるのではないでしょうか。

ハーブは自然治癒力を補うものである

第二部は「Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科」の著者でもあるグレゴリー先生の6年ぶりの来日講演となりました。 突然ですが、先生のお気に入りのハーブは「タンデライオン(西洋タンポポ)」だそうです。根も葉も花もすべて使うことができ、無駄なところはひとつもなく、様々な化学物質の影響で肝臓を酷使している現代の犬猫にはよいハーブです。 さまざまなハーブについてお話いただきましたが、先生が強調されていたのは「ハーブは病気を治すためのものではない。あくまでも犬猫が本来もっている自然治癒力を補うために使われるものである。病気の背景にある問題をもっと全体的にとらえる必要がある。」ということです。例えば質の悪い食事や食性にあっていない食事により、犬猫の身体に栄養がいきわたっていないと、いくら症状に適したハーブを与えたとしてもよい効果は得られないのです。部分を捉えるのではなく、全体を包括的に捉え考える。ホリスティックケアを実践するための基本を改めて教えていただきました。ハーブだけでなく自然などを含めた大きな流れの一環としての癒しをお話いただき、先生の講義が終わった後は心穏やかで不思議な感覚を覚えました。

ご参加くださった受講生、修了生の皆さま、本当にありがとうございました。また、この場を借りましてすばらしい講演をいただいた藤井先生、グレゴリー先生、この機会を設けるためにご尽力いただいた皆さまに心から御礼申し上げます。

講師プロフィール

藤井仁美先生

東京農工大学卒。英国サザンプトン大学院で動物行動学を専攻、伴侶動物行動カウンセラーのディプロマを取得。 現在、数少ない獣医行動診療科認定医として、GREEN DOG 代官山動物病院行動診療科 専任獣医師で活躍中。パピーをはじめとする犬のしつけ方コース、犬猫の行動問題の治療、そして病気のパートナーのためのメンタルケアなどを担当している。雑誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」他多数の執筆、監修あり。

藤井仁美先生

グレゴリー・L・ティルフォード先生

ハーバリスト、著述家。アニマルズアパスキャリー社、アニマルエッセンシャルズ社 CEO。AHPA(アメリカハーブ製品協会)動物製品委員会委員長 、NASC(ナショナルアニマルサプリメント協議会)科学諮問委員会創立メンバー、カナダ保健省獣医ナチュラルヘルス製品専門家諮問委員会委員、日本アニ マルウェルネス協会名誉顧問。著書に「Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科」、「Edible & Medicinal Plants of the West」、 「From Earth to Herbalist」、「The EcoHerbalist's Fieldbook」などがある。また、コロラド州立大学やタフツ大学、ウィスコンシン大学をはじめ、アメリカホリスティック動物医薬協会やウィスコンシ ン州ヒーリングオアシスセンターなどでも教鞭をとっている。動物用の良質なハーブ製品の正しい普及に向けて活動する一方、世界中の獣医師に教育を行うなど、動物たちのために精力的な活動をしている。

グレゴリー・L・ティルフォード先生

資料請求(無料)

講座お申込み