1. HOME>
  2. 資格(オープンコース)について>
  3. 講師紹介
新コース誕生キャンペーン(期間:2017年3月31日14時59分まで)

講師紹介

第一線で活躍中の講師が当講座だけのために各カリキュラムを執筆!

食事カリキュラム 担当講師

森井 啓二

森井 啓二(獣医師/しんでん森の動物病院院長/日本ホメオパシー医学会理事/日本ホメオパシー医学会認定専門医)

メッセージ

現代の動物医療は、人の医療と同調した様々な分野の研究成果のおかげで、目覚しい発展を遂げてきました。その一方で、ある種の疾患治療に対しては、副作用の問題や症状を抑える事による新たな問題の発現、また根本治療や予防に対する限界が見え始めました。これらの現代医療を補う治療法として、近年注目され始めてきたのが、代替補完医療(ホリスティック医療)と呼ばれる「動物全体を診る身体に優しい治療法」です。これらを統合することにより、よりよい動物の治療ができるようになります。これは今後発展していく重要な分野です。この講座で、ホリスティックケアの知識を深め、実践に使えるためのしっかりとした基礎作りになることができれば幸いです!

プロフィール

獣医師。東京都生まれ。 北海道、オーストラリアの動物病院にて研修。日本ホメオパシー医学会の理事、同会獣医師部会代表を務め、日本ホメオパシー医学会認定専門医、英国Faculty of Homeopathy認定獣医師。著書に「臨床家のためのホメオパシー・マテリアメディカ」「一歩すすんだセルフケアのためのホメオパシー」など。
奈良なぎさ

奈良 なぎさ (ペット栄養管理士/ニュートリショナル・ヘルス・コンサルタント)

メッセージ

「全体の」それが、「ホリスティック」の基本的な意味です。身体に生じた問題は、ロボットのように故障した箇所を交換すれば治るというものではありません。1箇所の問題は心と身体全体の問題でもあるのです。さらに「心や精神とのバランス」もまたホリスティックの意味するところです。生命を支える基本は「食べること」。必要なものを取り入れ、不必要なものを排泄するということを知り、生命活動に何が必要かを理解することは、健康に楽しく生きるためのポイントです。基礎栄養学を通して犬や猫に必要な「命の元」を理解しましょう。

プロフィール

日本ペット栄養学会会員。ペット栄養管理士。 1998年「NEW YORK SCHOOL OF DOG GROOMING」(アメリカ)を卒業。1999年「The British Institute of Homeopathy」(イギリス)の「Nutrition & Herbology」コースを終了。2000年「School of Nutrition Science」(アメリカ)を卒業。「CLAYTON COLLEGE OF NATURAL HEALTH」(アメリカ)の「HOLISTIC NUTRITION」学士、修士取得。12年間、板橋区の動物病院のペット栄養コンサルタントとして勤務後、2013年よりペットベッツ栄養相談を主催。動物病院向けに、栄養相談を行う。
羽尾 理恵子

羽尾 理恵子 (栄養士/プレマ動物ナチュラルクリニック専任栄養士・ケアアドバイザー)

メッセージ

人と同様、コンパニオン・アニマルたちにとっても、食事は毎日のことです。それだけに健康でいる間は見過ごされがちな部分でもあります。もし彼らが野生の状態であれば、彼らは「生きるため」の食事をします。しかしながら、コンパニオン・アニマルにとっての食事は、「与えられる」ことであり、それは同時に「選べない」ということでもあります。手作り食を始めてみると、今まで見過ごしてきた色々なことが犬猫たちのサイドからも見えてきます。皆さんも、まずは手軽にできるメニューから、ぜひ手作りにチャレンジしてみて下さい。

プロフィール

栄養士、一級愛玩動物飼養管理士、アニマル・コミュニケーター、ディクシャ講師。 ペットフードメーカーでのPSR経験(200回以上のセミナー講師経験含む)を経て、1999年に獣医師であり、本講座担当の夫の健一と共に、代替医療専門クリニックを開業。その後、2004年に横浜に移転。栄養士・ペットケア・アドバイザーとして食事や健康についてアドバイスしながら、同時にアニマル・コミュニケーターとしても精神的なケアを行ない、その親身なカウンセリングにはご家族からの多くの定評がある。
金田 郁子

金田 郁子 (ノラ・コーポレーション代表取締役/「ペットのためのハーブ大百科」訳者)

メッセージ

「メディカル・ハーブ」と呼ばれている植物には動物の自然治癒力を高め、健康の維持・回復に役立つ複雑な薬効やエネルギーがあります。道端や空き地でたくましく生きている見慣れた草花、楽しみに育てている庭やベランダの可憐な花々に、あなたの大切なパートナーの心と身体を癒してくれる力があるなんて不思議ですてきなことだと思いませんか?この講座でメディカル・ハーブについて、その種類や薬効、使用時の注意点などの基本的な知識を身につけて、大切なパートナーの病気を未然に防いであげましょう。

プロフィール

立教大学英米文学科卒。大阪万国博覧会日本政府館勤務後、技術系翻訳会社主宰。1994年に株式会社ノラ・コーポレーションの前身を設立し、ハーブサプリメントの販売を始める。愛犬のてんかんを機に「Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科」を翻訳・出版し、犬猫のためのハーブにも力を注ぐ。

食事カリキュラムの詳細はこちら

心のケアカリキュラム 担当講師

藤井 仁美

藤井 仁美(獣医師/獣医行動診療科認定医/ペット行動カウンセラー)

メッセージ

パートナーたちは人間とは違う動物であり、その違いゆえに人間との生活の中でいろんなストレスを抱えることも多いです。犬や猫の本来の習性や行動を理解し、体だけでなく心のケアも十分に行うことは共に幸せに暮らすために大切なことです。この講座を通して、その大切さを学び、お互いの暮らしがもっと豊かになれたらよいなと思います。

プロフィール

1990年東京農工大学卒、2001年英国応用ペット行動学センターにて研修、公認インストラクター資格を取得、2007年英国サザンプトン大学院にて動物行動学を専攻、2009年英国にてペット行動カウンセラーのディプロマを取得、2013年獣医行動診療科認定医の資格を取得。
現在、全国で6人しかいない獣医行動診療科認定医として、代官山動物病院行動診療科 専任獣医師で活躍中。行動問題の治療、しつけ方指導、病気のパートナーのメンタル面(精神面)のケアを専門に獣医療に従事。
山田りこ

山田りこ(ドッグウイスパラー/ケーナインマッサージセラピスト)

メッセージ

今、このページをご覧になっているあなたは、一緒に暮らしている動物、世の中の動物に対してたいへん愛情深い方だと思います。ホリスティックケアとは自然と結びついた、私達と動物達にやさしいアプローチで、お互いの健康と暮らしをより充実したものに導く方法です。 私が講師を担当するストレスマネージメントは、動物の気持ちを理解する1つの手だてとして役立てて頂けると思います。「動物の気持ちを理解する。自分が接してほしいように動物に接する」ことが動物と暮らして いる、動物と携わっている方達のゴールデンルールです。笑顔溢れるパートナーとの暮らしに、ホリスティックケアを取り入れ役立てて頂ければと願っています。

プロフィール

一般社団法人アニマルライフパートナーズ協会代表。
犬の理学療法(リハビリテーション)を米国テネシー大学獣医学部で学び、動物病院、専門学校、大学で指導、獣医療の学会などで講演を行う。その他にも自ら考案した動物へのタッチケア『プレイズタッチ 』を愛犬・愛猫との絆を深めるコミュニケーションとして、啓蒙と普及に力を注ぐ。
姫野 純子

姫野 純子(AEAJ 認定アロマテラピーインストラクター/AEAJ 認定アロマセラピスト)

メッセージ

私達はパートナーから沢山の幸せをもらっています。そんなパートナーに私達ができることは、温かいケアです。ホリスティックケアは、自然の癒しの力を借りながら、自然治癒力を高め、心と身体を健康に導くケアです。ホリスティックケアの素晴らしさは、ケアされるパートナーもケアする私達も、それを行うことにより、自然と心が暖まり、笑顔が暮らしの中で増えてくることです。講座での学びを活かして、パートナーと私達のために、この素晴らしさをご一緒に実感してみましょう。

プロフィール

大阪府出身。関西大学商学部卒業。 アロマテラピーの資格を取得後、愛犬の病気をきっかけにペットアロマテラピーとペットのためのホリスティックマッサージ、その他ホリスティックケア学びセラピーに取り入れる。「人とペットのための健康で心豊かな暮らし作り」をテーマに、人のためのアロマテラピーとペットアロマテラピーの啓蒙と普及に力をそそぐ。人とペットのためのアロマサロン&アロマテラピースクールAroma Space Nico代表。
越久田 活子

越久田 活子(獣医師/おくだ動物病院副院長/バッチホリスティック研究会会員)

メッセージ

フラワーレメディは、今では世界中の各所から何千種類ものレメディが作られております。特定の地域に生息する植物の花や実からそれぞれが持つ特異なエネルギーを感じ取ってレメディは作られます。それが今を生きる私たちの心を癒してくれるのです。でも、すべてのレメディの「元祖」がバッチ博士の発見し確立した、38種のフラワーレメディなのです。よく言われる「病は気から」は、まさにバッチ博士の哲学の真髄と思います。バッチフラワーレメディを伴侶動物の健康維持、病気になった時の補完として使えるように勉強しましょう。

プロフィール

1976年、夫と共におくだ動物病院を開業、犬猫の他、鳥類、ウサギ、げっ歯類などの診療に携わり現在に至る。動物の自然治癒能力を重視し、それを助ける治療として、鍼灸、漢方、レーザー照射治療、バッチフラワーレメディー、ホメオパシー、Tタッチなどホリスティック(代替、統合)医療を実践している。また行動問題のカウンセリング、治療、併設のトレーニングジムでしつけ方教室を行っている。
デビー・ポッツ

デビー・ポッツ(Debby Potts)(Tタッチインストラクター)

Tタッチは動物たちを助けるという、本当にやりがいのある大切な仕事をより簡単に、安全に、そして楽しくしてくれます!あなたの学びが最高のものであることを心から祈っております。

プロフィール

TTEAMとTタッチのインストラクターの中でもトップ4の1人として全世界的に知られ、20数年におよぶ経験を持つ。動物看護士の資格を持ち、高い評価を受ける多くのトレーナーの下で勉強を続ける。また、数多くの国際レベルのカンファレンスでスピーカーとしてTタッチについて発表。北米、ヨーロッパ、日本、南アフリカにおいて、グループ対象のワークショップや個人対象のプライベートセッションで指導。レイキ(霊気)のレベル2と4を取得し、Cranio-Sacral(クラニオ・セイクラル)トレーニングを受ける。彼女の大切な人と動物の家族と共にオレゴン州ニューバーグに在住。

心のケア(ストレスケア)の詳細はこちら

体のケアカリキュラム 担当講師

羽尾 健一

羽尾 健一 (獣医師/プレマ動物ナチュラルクリニック院長)

メッセージ

ホリスティックケアを学ぶ上で大切なことは心と身体のバランスです。それは動物たちだけの問題ではありません。動物たちとご家族の絆や愛は、決して一方通行ではなく循環しあっているものです。皆さんは、この講座でホリスティックケアの専門的な知識を身につけられ、さまざまな場でサポートを行っていかれることと思います。この講座での学びを活かして「ケアのための選択肢」を広げ、動物と暮らされるご家族のために皆さんがよきサポート役となられていくことを願っています。

プロフィール

日本獣医畜産大学獣医学科卒業。獣医師。 大学卒業後はペットフードメーカーにて獣医師として勤務し、獣医師に向けて栄養学をベースとした啓蒙活動・セミナーを行う。退職後、複数の病院でのインターンを経て、1999年、大阪にて日本で最初の代替医療専門の動物病院を開業。首都圏のニーズが高いことから、2004年に横浜に移転し、ホメオパシーやエネルギー療法などを行ないながら、理恵子先生と共に、動物とご家族の気持ちに寄り添う治療とカウンセリングを心掛けている。
石野 孝

石野 孝 (獣医師/かまくらげんき動物病院院長/日本ペットマッサージ協会理事長)

メッセージ

当院では開院以来、最新の西洋医学と伝統的な東洋医学を結合させた、より動物に優しく、安全な治療を実践しています。ホリスティック医療というと、どちらかというと癒しとかリラクゼーションといった精神面ばかりが注目されがちですが、本講座を受講される皆さんには、"ホリスティック医療を科学(サイエンス)する"というメッセンジャーになっていただくことを期待しております。そして、超高齢化社会であるペット業界では、西洋医学がホリスティック医療を必要としています。今こそが、ホリスティック医療を学ぶ者にとって追風になっている時です。本講座を通じて、サイエンスしましょう!

プロフィール

獣医大卒業後、農業高校の教師を務め、中国の内モンゴル農牧学院に中国伝統獣医学を学ぶ。帰国後、神奈川県にかまくらげんき動物病院を開院。日本ペットマッサージ協会理事長、日本メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部会理事長、獣医東洋医学会理事。 著書に「愛犬の寿命を5才のばす本(祥伝社)」、「わんこの指圧(インターワーク出版)」、「にゃんこの指圧(インターワーク出版)」、「ツボ指圧でわんこ元気(幻冬舎)」、 DVD/VIDEOでは、「わんこのメディカルマッサージ」、「にゃんこのメディカルマッサージ(スタービット)」、「犬Q診断(シャイ企画)」など多数。
仲田謙一

仲田 謙一 (グルーミングサロンラルフランド代表/非営利一般社団法人ペットサロン協会ボランティア委員リーダー、トリマーアンバサダー)

メッセージ

パートナーの気持ちを考えながらのグルーミングは、パートナーと飼い主である皆さんとのコミュニケーションをはかる最大のツールとなり、パートナーとの信頼関係はより深い絆で結ばれます。 この講座を通じて、心と心の通じあったグルーミングを学んでいただくことにより、パートナーとの日々の生活がより深い絆に結ばれることを切に願います。

プロフィール

グルーミング学校を卒業した後、2年間の個人経営のペットショップを勤務し24歳で独立開業。抵抗する犬に観念を覚えさせる美容法が馴染めずに、誰の師事も仰がずに自分流の美容方法を確立してきたが、45歳の時に渡辺和明氏(グルーミングスペース シンプル代表)の美容を間近で見て、その美容方法が自分の求めている美容に近いことに感銘を受け、その後渡辺氏と共に犬に負担のない美容の啓蒙を全国に広める活動をしている。
渡辺和明

渡辺 和明 (Grooming space simple オーナーグルーマー/非営利一般社団法人ペットサロン協会トリマーアンバサダー)

メッセージ

『犬と猫に負担のないグルーミング』は、私たちが常に目指している「犬に負担のない美容」を皆様にわかりやすくお伝えしています。少しでもパートナーとの懸け橋となればと切に願っております

プロフィール

仲田氏と共に愛護センターでのシャンプーボランティアや、全国で犬に負担をかけないグルーミングセミナーを開催。犬に負担のない美容の啓蒙を全国に広める活動をしている。

体のケアの詳細はこちら

教材・テキスト

カリキュラム

資料請求(無料)

講座お申込み