1. HOME>
  2. 資格(オープンコース)について>
  3. カリキュラム-食事(栄養学・手作り食)

食事(栄養学・手作り食)

カリキュラム一覧

食事とホリスティックケア

犬や猫の毎日の食事は、「なんとなく良さそうなものを与える」だけではなく、食性や年齢・体質をしっかり考えて管理することが大切。当講座では、食事選びに欠かせない栄養学の基礎から、手作り食やハーブケアの実践方法まで具体的に学べます。 DVD教材あり


ホリスティックケア総論

ホリスティックケアの意味と健康管理に役立てる目的を学びます。

食と病気

食事と関連の深い病気の原因・予防・対策法を学びます。

犬と猫の栄養学

6大栄養素の機能、犬猫の年齢・体重・活動量別のカロリー計算を学びます。

食事の基礎

最適な食事選びのため、犬猫の食事の種類とそれぞれの長所・短所を学びます。

手作り食・生食・サプリメント

犬猫の手作り食・生食のメリットと簡単に続けるための知識・ヒントを学びます。

ハーブ

薬効成分を含む「メディカルハーブ」を犬猫の生活に取り入れる目的とメリット、具体的な使い方を学びます。

お役立ち知識Pick Up!

  • 食事と関連の深い病気

    胃腸の健康の大切さと、ガン・皮膚疾患・アレルギーなどの食事による予防と対策法を学びます。

  • 1頭1頭にあわせた栄養管理とペットフードの選び方

    成長期・シニア期などのライフステージ別のカロリー計算、各時期に必要な栄養素、良質なペットフードの条件とラベルの読み方などを学び、愛犬愛猫の「今の状態にあった食事管理」ができるようになります。

  • 手作り食を簡単に長く続ける方法

    手作り食で自然の恵みの栄養を!基本的な作り方はもちろん、ペットフードからの切り替え時のトラブルと対処法、毎日続けるためのアイデア、季節別レシピ、犬と猫に食べさせたい食材などを学びます。

  • ハーブで体のトラブルをサポート

    穏やかな薬効成分を含むメディカルハーブのうち、犬と猫に使える40種の紹介、初心者向けハーブケア実践法、シニア期に役立つハーブケアなど、愛犬愛猫との生活へのハーブの役立て方を具体的に学びます。

受講生の声

山口正美さん

山口正美さん

愛犬のために良いフードを見極めたい、手作り食をしてみたいと思い受講しました。最近ではフードのラベルの見方が分かるようになり、ドライフードから生食への切り替えに成功。生の鷄むね肉・軟骨などを包丁でたたいたものや、生のブロッコリー・大根などをミキサーにかけたものをあげています。自分たちが食べる食事の材料を使って少し手を変えればできますし、固定の組み合わせをローテーションさせるなどして、無理なく続けています。

菅原久美さん

菅原久美さん

皮膚病のパートナーの食事に、粉砕したドライハーブをふりかけてあげています。例えばローズヒップは家にタバコを吸う人がいるので、抗酸化作用を期待して。また今までずっと薬をのんだり治療したりしているので、解毒・デトックスを期待してダンデライオンを与えています。

GREEN DOGスタッフ

GREEN DOGスタッフ

私は犬猫のプレミアムフードをご提案する通信販売のコールセンター業務を担当しています。この講座で学んだ食事の知識は、主にお客さまからのご相談に対するアドバイスに役立てています。例えば『1日にどれくらいのカロリーをあげればいいですか?』というご相談には、パートナーの体重をお伺いしてカロリー計算して、給与量目安をお伝えしています。また、お腹がゆるい子には消化酵素のサプリメントを、皮フトラブルを抱える子には亜麻仁油などのオイルをお勧めし、お客さまとパートナーの悩みを少しでも解決できるようアドバイスしています。

食事カリキュラム 担当講師

森井 啓二

森井 啓二(獣医師/しんでん森の動物病院院長/日本ホメオパシー医学会理事/日本ホメオパシー医学会認定専門医)

現代の動物医療は、人の医療と同調した様々な分野の研究成果のおかげで、目覚しい発展を遂げてきました。その一方で、ある種の疾患治療に対しては、副作用の問題や症状を抑える事による新たな問題の発現、また根本治療や予防に対する限界が見え始めました。これらの現代医療を補う治療法として、近年注目され始めてきたのが、代替補完医療(ホリスティック医療)と呼ばれる「動物全体を診る身体に優しい治療法」です。これらを統合することにより、よりよい動物の治療ができるようになります。これは今後発展していく重要な分野です。この講座で、ホリスティックケアの知識を深め、実践に使えるためのしっかりとした基礎作りになることができれば幸いです!

奈良なぎさ

奈良 なぎさ (ペット栄養管理士/ニュートリショナル・ヘルス・コンサルタント)

「全体の」それが、「ホリスティック」の基本的な意味です。身体に生じた問題は、ロボットのように故障した箇所を交換すれば治るというものではありません。1箇所の問題は心と身体全体の問題でもあるのです。さらに「心や精神とのバランス」もまたホリスティックの意味するところです。生命を支える基本は「食べること」。必要なものを取り入れ、不必要なものを排泄するということを知り、生命活動に何が必要かを理解することは、健康に楽しく生きるためのポイントです。基礎栄養学を通して犬や猫に必要な「命の元」を理解しましょう。

羽尾 理恵子

羽尾 理恵子 (栄養士/プレマ動物ナチュラルクリニック専任栄養士・ケアアドバイザー)

人と同様、コンパニオン・アニマルたちにとっても、食事は毎日のことです。それだけに健康でいる間は見過ごされがちな部分でもあります。もし彼らが野生の状態であれば、彼らは「生きるため」の食事をします。しかしながら、コンパニオン・アニマルにとっての食事は、「与えられる」ことであり、それは同時に「選べない」ということでもあります。手作り食を始めてみると、今まで見過ごしてきた色々なことが犬猫たちのサイドからも見えてきます。皆さんも、まずは手軽にできるメニューから、ぜひ手作りにチャレンジしてみて下さい。

金田 郁子

金田 郁子 (ノラ・コーポレーション代表取締役/「ペットのためのハーブ大百科」訳者)

「メディカル・ハーブ」と呼ばれている植物には動物の自然治癒力を高め、健康の維持・回復に役立つ複雑な薬効やエネルギーがあります。道端や空き地でたくましく生きている見慣れた草花、楽しみに育てている庭やベランダの可憐な花々に、あなたの大切なパートナーの心と身体を癒してくれる力があるなんて不思議ですてきなことだと思いませんか?この講座でメディカル・ハーブについて、その種類や薬効、使用時の注意点などの基本的な知識を身につけて、大切なパートナーの病気を未然に防いであげましょう。

『心のケア(ストレスケア)』カリキュラム詳細

オープンコース カリキュラム

資料請求(無料)

講座お申込み