ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

ホリスティックBLOG

事務局スタッフがちょっと役立つプチ情報をお届けします。
※記載内容について:ブログ掲載時の情報となります。また、無断転載・転用はご遠慮ください。

ホーム > スタッフブログ > 犬猫のカロリー計算をマスターしよう

2017年6月23日

犬猫のカロリー計算をマスターしよう

20170623094143-f087fbfc3df7a1eb47f694278e7c08ad034baaa0.jpg

最近、動物病院に来る犬や猫の25%が
「肥満」なんだとか。

4分の1がぽっちゃりさんだと考えると、
かなり多いですよね。

では、「どれくらい太ったら肥満なの?」
というと...

【適正体重より15~20%以上】
と言われています。


それでは、ここで質問!

「パートナー(愛犬・愛猫)の
1日あたりの必要カロリー、
ご存知ですか?」


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆カロリー計算には公式がある
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

20170623094235-63a797145553ebf8f2f9e341e22c141a0831b6f7.jpg


実は、1日に必要なカロリーは、
オーナー様でも簡単に計算できる
「公式のようなもの」があるんです。
 ↓ ↓ ↓
--------------------
【70×体重(Kg)の0.75乗】
   ×
【犬猫の活動量に合った係数】
--------------------

ちょっと分かりにくいので、解説しますね^^

【70×体重(Kg)の0.75乗】は、
「1日中、安静にしているときに
必要なカロリー」を計算するための式。

じっと寝ていたとしても、呼吸や代謝など
生きるために必要なカロリーです。


そして
【パートナーの活動量に合った係数】は、
パートナーの今の状態にあわせて
カロリー量を調整するための数字です。

たとえば
--------------------
・去勢・避妊済みの成犬...1.6
・去勢・避妊していない成犬...1.8
・ダイエット中...1.0
--------------------
といったぐあいに、長年の研究から
予め用意された数字があるんです。


これを使って1日に必要なカロリーが
計算できれば、
パートナーの食事の幅が広がります。

たとえばこんなとき。

--------------------
◎ダイエットしたいとき
◎手作り食を作るとき
◎病気治療中で運動量が少ないとき
--------------------

ペットフードの袋に書かれた
目安量を与えるばかりではなく、

「どんな食材から」「どれくらい」
カロリーをとったらいいかが
パパッと分かる飼い主になれたら、
素敵だと思いませんか?



ペット業界で求められていることを学び、仕事に活かせる資格

受講者数1万名以上!犬猫の『食事・心・体』のケアを学ぶ
ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

資料請求はこちら

受講お申込みはこちら

シェアする

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

関連記事

  1. 犬猫のストレスケアのプロになろう

    ホリスティックケアとは「全体的」なケア、視点の広いケア。だから、「身体」だけでな...

  2. 犬猫に炭水化物って必要?

    犬猫は、基本は「肉食」。なので、オーナー様(飼い主)からは「炭水化物って害になら...

  3. ペットの一時預かりサービスは今、こうなっている!

    2016年、日本ペットフード協会のアンケート調査によると、「あったらいいなと思う...

  4. 「うちの子、皮膚が弱いんです」に、いくつアドバイスできる?

    ペット関連のお仕事をしていると、職種に関係なくオーナー様(飼い主)からパートナー...

  5. 犬猫の一番大切な栄養、実は「〇〇」

    タイトルを読んで「タンパク質!」とつぶやいた方、多いのではないでしょうか?実は、...