1. HOME>
  2. 修了生の声・実績>
  3. ペット関連のお仕事に活用

ペット関連のお仕事に生かす

ペット関連のお仕事に生かす

諸星 清美さん

ドッグトレーナー
『動物愛護推進員としてアドバイスに活かしています!』

諸星 清美さん

受講のきっかけ

もともとパートナーに手作り食を作っており、食事などに興味があったため色々と調べていたらホリスティックケア・カウンセラー養成講座を発見しました。
一度きちんとした形で学びたいと思っていたこともありましたが、心と体のケアについて幅広く学べる講座で、教材がきちんとそろっていること、なおかつ資格にもつながるということなどから受講を決めました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

現在、ドッグトレーナーをしながら、高崎市動物愛護推進員として地元愛護センターでしつけにかかわる講師や地元愛護団体「群馬わんにゃんネットワーク」のボランティアとしても活動を行っています。
講座で学んだ知識は、動物の体調に合わせたケアや個体に合わせた食事提供のアドバイス、また、慣れない環境で不安を感じている犬への接し方をレクチャーする際に活かしています。様々な苦労もありますが、周りから少しずつ保健所やセンターに収容される動物(犬猫)が少なくなり、放浪犬や野良猫に出会う頻度が以前(13~14年前)より減少していること、飼い主が迎えに来なかったり、飼い主が飼えなくなってしまった犬が新しい家族と巡り会うお手伝いができることにやりがいを感じています。

松井 久美子さん

ペット情報サイト ブリオ運営
『誰もが親しみやすくわかりやすく読める、そんなサイトを目指しています。』

松井 久美子さん

受講のきっかけ

現在8歳のパートナーと暮らしていますが、心身ともに健康で長生きできるよう、病気予防や補完的なケアについて確かな知識を得るため受講を決めました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

ペットの情報サイトを運営していた会社を退社したあと、動物たちが置かれている現状など、それまで知り得た情報を、その後も伝え広めて行く必要があると思い、2013年春に新たに「ペット情報サイト ブリオ」を開設しました。
講座を学んだおかげで、それぞれのプロの方とお会いすることができ取材に継げていけるようになりました。個人的には、その後テリントンTタッチやバッチフラワーレメディの専門講座を受け、バッチフラワーレメディは現在プラクティショナーコース最終のレベル3です。今後も講座の知識やテリントンTタッチやバッチフラワーレメディの知識を保護動物のボランティアにつなげていきたいと考えています。
1つの命を迎え入れなくても、団体などに所属してボランティア活動を実際に行わなくても、誰にでもどんなカタチでも、その人なりにできることはあると思います。例えば動物保護のイベントに参加したり、そしてそのイベント内容を近所の飼い主さんやお友達に伝えたり、またブログやSNSなどで参加してきたことを発信し情報を拡散するなど、そういったことも活動の一環になるはずです。保護動物などの情報サイトというと、「暗い」「悲しい」「可哀想」といったイメージになりがちですが、当サイトではそんな先入観から目を背けてしまわないよう、一般の人が誰もが親しみやすくわかりやすく読める...、そんなサイトを目指していきたいと思います。

水野 圭子さん

ホリスティックケアサロン「Seventh Heaven」代表
『ホリスティックケアのスクールを開催しました。』

水野 圭子さん

受講のきっかけ

私とホリスティックの出会いは、10年ほど前になります。 人のエステティック業界で長く勤めてまいりましたが、その中で、表面上のお手入れだけでなく、「女性の美と健康には、内面の楽しさ、やり甲斐などに注目した全体的なケアが大切である」というホリスティックの概念に出会いました。最新技術だけでなくホリスティックの概念からのケアをすることで、たくさんの女性がキレイに、そして健康になっていくのを見たのです。また、その後一緒に暮らすパートナーの中の一匹を亡くし、その介護生活の中では動物へのホリスティックケアの有効性にも気づきました。
これらの経験を元に、毎日頑張る女性と大好きなワンちゃん&ネコちゃんのための、キレイと健康のお手伝いをするお店「Seventh Heaven」をオープンしたのですが、いらっしゃるお客様のワンちゃんに人と同じような、皮膚病やアトピーなどの悩みが増えているのをひしひしと感じたのです。
パートナーのためのホリスティックケアの知識をさらに深めたいと考えていたところ、偶然、お店のお客様からこの講座の存在を教えてもらいました。早速テキストを借り、内容の良さ・監修されている先生方の素晴らしさから「これだ!」と思って受講しました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

講座の内容は、人のエステティック業界で長く勤めてきた私から見ても大変勉強になり、実践で役立つことが多いと思います。それでいてわかりやすく、楽しいです。読んでいると時々笑ってしまいます。例えば、「ツボマッサージのこつは、指先に力ではなく愛をこめること!!」本当にその通りだと思います。
受講後は、パートナーへの愛情ゆえに悩みを抱えるオーナー様に対し、ホリスティックの概念からのアドバイスはもちろん、ご自身にもパートナーにもアロマテラピーやマッサージなどのホリスティックケアを取り入れていただけるように「パートナーと共に・・・ホリスティックケア・ライフ・スクール」を2008年 2月より開講。講座のテキストを中心にした構成で、すでに3期生に受講いただきながら頑張っています。
今後はホリスティックケアの中でも得意分野であるドッグマッサージの一般向け・プロ養成のコースをスタートさせる予定です。プロ養成コースではご自宅へ訪問してドッグマッサージができるような派遣システムとの連動も視野に入れており、パートナーの老齢化が急速に進む中、幸せな老後・介護生活のためのお手伝いもしていきたいと思っています。これからも同じ志を持った皆さんと力を合わせていきたいですね。

渡辺 栄里子さん

犬と泊まれるペンション経営
『オンリーワンのペンションを目指してマッサージ教室を開催中です。』

渡辺 栄里子さん

受講のきっかけ

現在、犬と泊まれるペンションを経営しています。もともと、自分や家族が病気をした経験から、病気になった時には薬に100%頼るのではなく、自分の自然治癒力も活かすことが理想である、という考えを持っていました。当然犬もいつ病気になるかわからないし、まして言葉が話せないため一度病気になったら薬漬けになりかねない。だからこそ人にとっても犬にとっても、毎日の食事がとても重要な役割を果たすのだ、と考えていました。
そんな中、ペット界に「手作り食ブーム」が訪れ、これがただのブームなのか、本当に良いことなのかを知りたいという気持ちが芽生えたのです。またペンションを訪れるお客様からも「犬の食事には手作りやドライフードなど色々あるけど、一体どれがいいのか?」という質問が多かったため、ネットで「ホリスティックケア・カウンセラー養成講座」を知り、受講しました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

講座で学んだホリスティックケアの知識は、お客様からの質問対応に活かしています。また現在「オンリーワン」のペンションを目指し、オフシーズンには宿泊者向けにマッサージ教室を開催しています。
興味のある飼い主さんには、わんちゃんに対して直接マッサージをしてあげることもあります。受講してみて、お客様へのアドバイス・サービスの幅は広がりましたが、最終的にそれを選択するかどうかは飼い主さんです。私たちの使命は、選択のための情報をお届けすることだと思っています。

高橋典子さん

ペットシッター
『お預かりの犬に!ホリスティックケアでリラクゼーション。』

高橋典子さん

受講のきっかけ

会社員として働いておりましたが、幼い頃から動物が大好きで、動物に関わる仕事に強く興味を抱き、ペットマッサージセラピストの資格を取得、数年前より自宅でペットシッター業を始めました。仕事を進めるうち、お客様からの質問に答えられる知識を養いたい、同業者との差別化をはかりたい、と考えるようになりました。
そんな折、ネットで「ホリスティックケア・カウンセラー養成講座」を見つけたのです。ホリスティックな考え方が学べ、食事をメインにアロマなどの癒しの方法が学べるということが決め手となり、受講することにしました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

受講してからは、お預かりの犬はもちろん、自宅の愛犬にもホリスティックケアを実践しています。例えば、アロマの香りで癒してあげたり、マッサージでコミュニケーションを深めたり。慣れてくると自分からせがんでくるようになりました。私がペットシッターとしてホリスティックケアを行う目的はリラクゼーションです。
ホリスティックケアによってゆったりした時間を過ごしてもらうことで、犬が「ここに来るといいことがある!」といういい記憶を持って、喜んで来るようにしてあげたいんです。それが結果的に犬だけでなく飼い主さんにとっても満足につながると思って実践しています。

船津雅彦さん

ペットショップ経営
『ペットショップで無料カウンセリングを検討中!』

船津雅彦さん

受講のきっかけ

数年前より、グッズ販売とトリミングサロンを兼ねたペットショップを経営しています。接客やしつけ教室での指導を重ねていくうち、お客様からは商品のことだけでなく、犬との生活に関して実に様々な質問を受けるようになってきました。
例えば、「服を着せようとすると噛んでしまう」「散歩が嫌いだから行かせてない」「フードが嫌いでおやつしか食べない」「手入れの仕方が分からない」など。物を売るためには、ケアに関して様々な方面からアドバイスできないとダメだと感じるようになっていました。そこで、本で情報を探していくうち「ホリスティック」という言葉に出会い、今の仕事においてこの考え方が重要だと考えるようになったのです。そんな折、ネットで「ホリスティックケア・カウンセラー養成講座」を知りました。ペットフードを扱っているので食事や栄養学については最も勉強したいと思っており、さっそく受講することにしました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

まだ勉強中のため実行できていませんが、現在検討中なのが、お客様への無料個別カウンセリング。トリミングの受付時に現在のケア方法・食事の内容・性格などを細かくヒアリングして、その犬にあったケアをアドバイスするというものです。これを行うことで、最終的に満足してもらい、納得して商品を買ってもらえるようになればいいな、と思っています。

清水克久さん

ドッグ・ホリスティック・セラピスト
dog actually ライター
『セラピストとして日本の犬の未来に希望が持てました。』

清水克久さん

受講のきっかけ

私は、元々ホリスティックな獣医の勉強を志してイギリスに留学し、Animal Scienceという学部に所属しておりました。そして、日本に帰国したところ、イギリスでの犬の存在と日本でのギャップに驚きました。
そこで色々調べた結果、この講座に出会い、きちんとした日本語での知識が欲しく、学ばせていただきました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

この講座では、通信教育という簡易的な学習方法ですが、保護者として、または犬を扱う人間にとって必要不可欠な生理学やホリスティック的なアプローチがしっかり盛り込まれており、勉強していて少し楽しいような・・・日本での犬の未来に希望が持てるようなそんな将来性を感じるものでした。まだ「ホリスティック」という概念が薄い日本において、まずホリスティックを学ぶための基本であり、良きスタートとなる教材だと直感しました。
私は今、「ラジオセラピー」と呼ばれる代替療法を使用し、犬の健康管理やそれに伴ったホリスティック的なアドバイスをすることを仕事にしています。自分も化学薬品は好きではなく、自然療法を好みイギリスに留学したのでこの仕事には満足しており、クライアントに説明するときにも教科書はとても役にたっております。そして、何よりも犬たちが化学の力ではなく、自然の力で元気になってくれることが嬉しいです。

松井かおりさん

『お客様にホリスティックケアの実践経験を伝えています。』

松井かおりさん

受講のきっかけ

愛犬が病院に頼るしかない闘病生活の中で、「私にも何かできないだろうか・・・。」そんな思いを抱えていた時に、私はホリスティックケアという分野に出会い、当講座を受講しました。

学んだことを仕事にどう役立てているか

私はつい先日までペットホテルの担当をしており、ワンちゃんたちを24時間住み込みでお預かりし、寝る時以外はノーゲージで管理していました。ワンちゃんたちのいつもと違う環境へのストレスを軽減するため、お預かりの合間にTタッチやツボマッサージをしたり、アロマの香りを部屋に漂わせたり...など、テキストを参考に実践していました。ホリスティックケアでお泊りいただいたワンちゃんたちの心を開いてあげられたかなと実感しています。またお帰りの際にはワンちゃんの状態を細かく飼い主さんに報告するのに加えて、ローフード(生食)のおすすめや、ホリスティックケアを提案していました。例えば、薬ばかり飲んでいる子には、私の愛犬への実践を含め、ホメオパシーやバッチなど『優しいこんな方法もあるのですよ!私の愛犬も使用していて、こんな変化があったし、興味あれば試してみたら?』のようなアドバイスもでき、飼い主さんも他とは違うサービスにとても喜んでくれました。今でも相談の電話がよくきます。
現在はトリミングサロン勤務になるため、お客様やワンちゃんと触れ合う機会がさらに増え、HCCの資格と知識を生かして、更にアドバイスしていきたいなと思っています。これから人間同様、動物たちも高齢化が進み、いざ愛犬との病気と向き合った時、私のように西洋医学だけに頼る治療法に憤りを感じる方が増えていくと思います。愛犬との闘病生活から学んだホリスティックな心の大切さ、ホテルでホリスティックケアの実践をしてきた経験をこれからたくさんの方に伝えて行くことが私の任務かなと思っています。 全てのワンちゃん、ネコちゃん、飼い主さんがいつも健康で笑顔でいられますように・・・。

資料請求(無料)

講座お申込み